(こっそり)大阪マラソンに出走しました

隠すつもりはなかったのですが、本当に直前まで出走すら危うい状況で、

仮に出走できたとしてもまともに走れるかどうか・・・

水曜日には、「出走しない」と決めたものの、

前日にとりあえずゼッケンを受け取りに行ったらやはり衝動は止められませんでした。

てか、せっかく払った15000円がもったいないしね。

この辺りはやはり関西人です。

 

さて、事前に申請したベストタイムに従いスタート地点に付くのですが、

予想以上に前方(全体の1/5ぐらい?)に配置されてしまい恐縮ものでした。

それにしても、最初の5kmが長かったこと!

5kmといえば、まだ団子状態でスピードにも乗れず、

あっという間に到達するのが常なのですが、

今回は5kmについた時点でもう限界が近づいていました。(汗)

もう、楽しむ余裕もなくただの苦行・・・

しかし、さすがに5kmで歩き始める者は皆無です。

81歳のおじいさんに追い越されながらも、とりえず10km手前までは走り続けました。

それからはもう、歩いていたほうが多かったような・・・

10kmでいつものハーフを走ったぐらいの疲労度、

この時点で完走という2文字は完全に消え去りました。

とりあえず、関門にひっかかるまでは走らせてもらおう。

そう考えて開き直って継続しました。

もう脚も限界の22.2km地点で、とうとうリタイアと相成ってしまいました。

 

収容車(別名、ドナドナ、笑)に揺られゴール地点へ向かう一行。

もう少し悲壮感漂わせたほうがいいかもしれませんが、

皆それぞれ、自分のゴールのテープは切ったのでしょう。

ちょっと自分に甘すぎるかもしれませんが、

とりあえず出走して良かった。と思えた1日でした。

もし棄権していたら一生後悔することになったでしょう。

大会運営者の皆様、ボランティアの皆様、

そして、沿道で声援を送ってくれた皆様、

すてきな大会をありがとうございました!

(だけど、ハーフまで一切食べ物がなかったですねぇ・・・

ハーフ超えたらあるんだろうか?ちょっと気になりました)

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる